管理人と唇と韓国

「彼、突然意味の分からないことを叫びながら殴りかかってきました。
それは、驚きましたよ。
手加減なんてありません。
結局、全治3週間の打撲傷を負ってしまいました」(E嬢)
頬を摩りながら語るE嬢の変形した顔面は見るに耐えない。
痛ましいものだった。

 

管理人と唇。
一見、韓国とは無関係に思える。
「でも、去年の夏ぐらいからでしょうか。彼の通院がぱったりとなくなったんです」(E嬢)

 

昨年の夏、それは管理人の初訪韓の時期と一致する。
偶然として処理するには、あまりにも出来過ぎてはいないだろうか。
「そうですね、ウチから接待を申し出たわけではありません」(元N社役員)

 

そんな管理人の迷走を止める人間はいないのかと心配になる私はここのところ、
ギャングオブヘブン 画像のすべてを把握したいと考えている。