犯罪予告をすると人に迷惑がかかるということ

1件の犯罪予告で、いったいどれほど多くの人間に迷惑がかかるか考えてみたことはあるだろうか?
社会的には「犯罪予告があったにもかかわらずそれに対応を取らない」というわけにはいかないのだ。

 

真夜中だろうが早朝だろうがお構いなしに駆り出される関係者。
病気の子供がいようが、夜勤明けで徹夜であろうが、その日が一人息子の運動会であろうが、関係なしに出ていかなければならない。
すべての予定をキャンセルして、だ。
そして、予告に怯える住民。

 

そういった人たちや関わり合いの人たちの気持ちを少しでも考える想像力があれば、「犯罪予告」などできるはずがないのだ。

 

そんな犯罪予告などというバカげたことを考える人間がいなくなってほしいと思う私はしばらく前から、
びっちゼミナール ドスケベ搾精クラス コキュの部屋 画像の収集に情熱を傾けているのだ。