早朝の盛り場の様子

「妹はそのせいで精神状態が不安定になっちゃうし、もうメチャクチャです。飯食いたいんです」
彼の顔には生気が全くない。
まるで生きていながら魂を落したような状態である。
通りすがりの私には彼を助ける筋合いはないし、助けては彼にとってもよくない。
冷たいようだが、足早にそこを立ち去った。

 

午前5時、ロッテ駐車場横にいつものように屋台が出る。
ここには日本人は1人もいない。
見たこともない食材をつまんで男女数名がワイワイ騒いでいる。

 

午前6時、この時間になると、道路脇のあちこちに大量のゴミが出される。
どこからか、大きなカラスが舞い降りてきて、袋を破りゴミをあさる。

 

朝までこんなところにいるもんじゃないなと思った私はここのところ、
ピュアルテ 二の腕ぶつぶつ 治すのことをツイッターで拡散したくてたまらないのだ。