長門峡駅〜津和野駅周辺の見所

長門峡駅〜津和野駅周辺の見所

長門峡をたたえた中原中也の詩碑も立てられ、清らかな流れは爽快そのもの。
渓流のせせらぎに誘われて、切り立つ崖に沿った遊歩道を歩いてみよう。
岩のトンネルをくぐると長門峡のシンボル・紅葉橋が目前に現れる。
名前は紅葉だが、その季節のみならず、四季折々の景観が楽しめる。
のんびりと散策して、自然の息吹を満喫してみよう。
痩せ菌をラクビサプリで増やす 口コミは本当?

 

長門峡を出た列車は民家や田畑の間を抜け、地福駅に入る。
ここでSLは休息と点検で10分ほど停車。
観光客にとっては絶好の写真撮影タイムだ。
SLの勇姿を間近に、子供も大人も大はしゃぎ。

 

再び走り出した列車は、長門富士と呼ばれる十種ヶ峰を左手に見ながら山口県と島根県の県境のトンネルを抜けていく。
前方に青野山を仰ぎ、津和野川を渡ると津和野駅はすぐだ。

 

「山陰の小京都」とうたわれる津和野は、是非とも街歩きを楽しみたい。
白いなまこ壁の武家屋敷跡が連なる殿町通りの掘割には、錦鯉が悠然と泳ぎ、情緒たっぷり。
ワキガ対策商品 現在の人気ランキングは?